陥没乳頭の手術と注意点、傷あとについて

・陥没乳頭の手術をすれば悩みを解消できる

マッサージや乳頭吸引器などの道具を使っても効果がなかった場合や、何をしても乳首を引き出すことができないほど重症な陥没乳頭の症状の人には、手術が有効な手段になります。

根本的に陥没乳頭を治したいのであれば、手術を受けるのが1番良い方法です。

手術というと不安に感じる人も多いと思いますので、一般的に行っている陥没乳頭の手術内容をある程度事前に知っておくことが大切です。

・陥没乳頭の手術ってどんなの?

手術の一般的な方法は、乳首を引っ張り出した後にその乳首が戻らないように乳首の根元を縫合するというものです。

症状がひどい場合は、「血流のある皮膚」といわれている真皮弁という弁を作って、その弁を乳首の土台に縫合します。

分かりやすく言うと、血流のある皮膚を乳首の土台に移植する手術方法です。

手術を受ける前にカウンセリングがあるので、そこで手術内容や気になることは遠慮せずに聞いておくようにしてください。

将来的に授乳する予定がないのであれば乳管を切断することもありますが、通常は乳管を切断することはほとんどありません。

将来授乳する予定がある場合は、もちろん乳管を切断せずに陥没乳頭の手術を行うことができるので安心してください。

陥没乳頭の手術はそこまで難しいものではありませんし、手術内容によっては日帰りできることも少なくありません。

ですが、手術をするとなると後悔しないためにも、事前に手術のことを知っておきたいですし、納得できる手術方法を選びたいものですよね。

手術をするまえに手術の方法についてはきちんと確認しておくようにしてください。

・手術前に確認しておきたいこと

陥没乳頭は乳管が短いことによって起こっていることが多いので、乳管を切断すれば簡単に乳首を作ることができて形もきれいにすることができるわけですが、乳管を切断してしまうと授乳することができなくなってしまいます。そこで用いられるのが乳管を温存させる手術方法になります。

若い女性に多い陥没乳頭の手術では、これから妊娠して授乳する可能性がある人でも安心して行うことができる術式が用いられることが多いですが、1度乳管を切断してしまうと2度と戻すことはできません。

これから授乳を予定しているのであれば、手術前に必ずそのあたりのことを確認しておくようにしてください。

また、手術をすれば一生元に戻らないのかというとそうとは限りません。

再び陥没することを防ぐために、保護用のスポンジ使ったり、吸引器を使うなどそれぞれの病院で工夫が行われていますが、

どれだけ手をつくしても100%戻らないという保証をすることはできません。

手術してから抜糸が終わるまでは、医師の指示に従って注意事項を守るなど、自分でもできる対処をするのはもちろん大切ですが、もしも乳首が後戻りしてしまって、再び陥没してしまったらどう対応するべきなのか、どのような対処をしてくれるのかということも確認しておきましょう。

・陥没乳頭の手術をした後の傷あとについて

手術をするとなるとどうしても気になるのが傷あとです。

いくら普段は見えない部位といっても、女性であればなおさら気になりますよね。

気になる傷あとですが、陥没乳頭の手術を行うことで残る傷はとても少ないです。

乳頭というのは、傷がきれいに治る部位といわれているので、気になる傷あとの心配はほとんどないでしょう。

ただ、術後数カ月は乳首の突出を抑えないように気をつけなければならないので、スポンジで保護することが多いです。

他の部位に比べても目立たない場所であると言えますが、傷あとが気になる人は多いと思うので、どれぐらい残るのか症例写真などを見せてもらっておくと安心ですよ。

豊胸術及びバスト周りのオペに実績があって信頼できる病院を選ぶようにしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする