陥没乳頭をほうっておくことで起こるさまざまな問題点

・陥没乳頭は多くの問題を引き起こす

陥没乳頭は見た目のコンプレックスになるだけだと思っている人もいるようですが、そのまま放置しておくことで見た目以外にもいろいろな問題が起こるようになる可能性があります。

ほうっておくとどのようなことが起こるのでしょうか。

陥没乳首を治さないまま放置しておくと、以下のような問題点が起こることが考えられます。

乳首が出ていないので、汚れや垢などが溜まりやすく衛生面上の問題で乳腺炎など病気の危険性が高まる

見た目の問題でコンプレックスを抱えるようになり、温泉や海などへ行き辛くなる

パートナーに体を見られるのが嫌という理由で恋愛に臆病になる

乳首が陥没していることが精神的なストレスになる

女性は、将来子供を産んだときに乳首が陥没していると、授乳が難しくなってしまう

などなど……陥没乳頭をほうっておくと、上記にあげたような問題が起こるようになります。

いろいろな問題がある中で、1番の問題は精神的苦痛であるといえるかもしれません。

・陥没乳頭は思っている以上に深刻な悩み

バストの形や大きさについて友達やパートナーと話せても、乳首についてまで話すということはほとんどないでしょう。

乳首が陥没していることを知られるなんて恥ずかしいと1人で悩みを抱えてしまう人が多いのです。

見た目を気にして友達と温泉や海に行くことが出来ないと悩んでいる人も少なくないようです。

乳首が出ていないことに対してかなりのコンプレックスを感じて、それが原因で精神的苦痛から病気になる人もいると言われています。

思っている以上に、陥没乳頭は深刻な症状であるといえるでしょう。

女性の場合は、見た目だけでの問題ではなく刺激を与えても乳頭が突出しない重度な陥没乳首である真性タイプの場合、授乳をすることができません。

赤ちゃんに授乳する時間というのは、親子の絆を深める貴重な時間であるといわれているので、陥没乳頭によってそれが出来ないのは辛いことですよね。

・汚れが溜まりやすいので清潔に

また、女性でも男性でも起こりやすい問題が、乳頭に汚れが溜まることによって起こるトラブルです。

乳頭というのは汗をかきやすい部位です。

この部分が陥没していると、汗や垢などの汚れが残り雑菌が溜まりやすくなりますし、ボディソープの洗い残しなどが溜まりやすくなってしまいます。

それによって、かゆみが出るなどのトラブルが生じやすいのです。

また、汚れや雑菌がたまることによって乳腺が炎症を起こす病気である乳腺炎になりやすくなります。

乳腺炎がひどくなると、うつ伏せに寝られないほど激しい痛みを伴うと同時に、寒気や発熱なども起こるようになってしまいます。

症状がひどくなると手術をしなければならなくなりますし、そこから乳がんになる可能性も指摘されています。

・陥没乳頭の症状もさまざま

陥没乳頭といっても人によって症状の軽い・重いはあります。

刺激を与えることで乳首が出てくる軽度な仮性タイプの陥没乳頭であれば、そこまで気にならないかもしれませんし、授乳できる可能性も高いです。

重度な症状である陥没乳頭の方が汚れも溜まりやすいですし、見た目に関するコンプレックスも高くなりがちですが、どちらの場合でも陥没乳頭の人にしか分からない悩みや問題点があるのは間違いありません。

症状が軽くそれほど気にならない、困ったこともないという場合は、清潔に保つように気をつけてそのままにしていても良いと思いますが、症状が気になって精神的に苦痛という方や重度の陥没で将来的に病気が気になる、授乳を希望しているというような方は

早い段階で治療しておくようにすることをおすすめします。

絶対に治さなければならないというわけではありませんが、ほうっておくことによって起こる問題点を考えてもできるだけ治療しておいた方が良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする